シンニホン これからどうなる社会?

こんにちは、Jikosです。

 

今回も、技術革新に伴う今後の社会の変化について、取り上げたいと思います。

 

シンギュラティというやつです。技術的特異点

IoT,5G,Fintech,,,,これらが登場するこの時代が、社会の転換点となっていくでしょう、、

 

今回、ピックアップしたのは、安宅和人『シン・ニホン AI × データ時代における日本の再生と人材育成』です。

 

安宅氏は、現在、慶應義塾大学環境情報学部教授、ヤフー株式会社 CSO(チームストラテジー・オフィサー)をされています。

 

本著では、安宅氏のこれまでの経験知見と日本におけるデータ時代の現状を踏まえ、これからどのような時代になっていくか、何が求められていくのか、安宅氏の見解・予測を取りまとめたものになっています。もちろん、現状のデータに基づく解説もされています。

 

安宅氏が、この本で提唱されていたことで、一番のトピックは、『人材・教育』についてだと私個人としては、印象を受けました。

 

DX(デジタル・トランスフォーメーション)化により、これから私たち日本人は、どう生きるべきか、考えされる内容でした。

 

まず、安宅氏は、現在の日本の教育課程で、理系文系でブツ切りにしている点を改めるべき点だと指摘しています。現在の日本では、一般的に、高校でこの「理系」「文系」を分けて、各人の志望するコースへ進んでいく流れになっています。(特に、理系大学進学希望者)

しかし、この手法だと、文系コースへ進んだ学生は、高校後半の数理的科目の知識に触れず、

そのまま文系学部の大学に進学した場合も、数理的科目に触れずに大学生活を送ることになっています。

安宅氏は、文系学生であっても、基礎的な数理的な思考、理解を持っておくべきだとしています。なぜなら、ITの発達によって、私たちの生活にその数理的思考は、大いに役割を果たすものになっているからです。特に、統計的考え方、指数関数の理解、パーセンテージ(割合)です。私たちは、データを取り扱うことになって、そのデータの収集、処理、そしてそのデータを読み解き、考えることが求められることに重きを置くようになってきています。

 

ますます、データの役割は、私たちの生活に欠かせないものになってきています。

また、教育において、従来の知識詰め込み型教育による「知識量」の大小を求められることはなく、(`IT`が集合知を実現した)、我々が持っている「知識」「データ」をどのように活用していくかの能力が求められています。

世界と比較しても、このような考え方、取り組みは、日本では後発組であり、現在も、日本の教育界で浸透はしていないと個人としても感じています。

 

ただ、安宅氏は、日本のポテンシャルは、他国にも負けないと述べています。

高度経済成長期から日本の技術大国としての潜在的可能性に、次世代のデータ時代を乗り越えられると信じています。

また、日本の若者に対しても、大いに期待しています。

 

この日本のポテンシャルを示す根拠も、この著作でまとめられているのですが、

気になる方は、ぜひ続きを読んでみてはいかがでしょうか?

 

今日は、そんなとこで。

 

 

仮想通貨の未来<ブロックチェーンとは?>

こんにちは。Jikosです。

 

 

ついに、アメリカ大統領選が、過半数を獲得した

ジョー・バイデン氏に決まりました。

まだ、トランプ陣営は、不正選挙の見直しと高等裁判所への訴追の意向をちらつかせていますが、どうなるのでしょうか?

 

アメリカ大統領選挙により、

また新しい未来の方向性が定まったのでしょうか?

 

さておき、今回は、表題にある通り、

仮想通貨について取り上げたいと思います。

今回は、『ブロックチェーン・レボリューション ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』です。

 "BLOCKCHAIN REVOLUTION"

 

この本がすでに初版が発行されてから4年が経過しています。

 

世界は、ブロックチェーン技術を用いた暗号通貨、デジタル通貨に対して、

さらなる注目とその技術の活用を目指しています。

 

そもそもブロックチェーンとは、なにかについて

ここでは、サトシ・ナカモトが考案した

ビットコインモデルについて取り上げたいと思います。

 

まずビットコインはバーチャルな通貨である。

どこかに実物があるわけではなく、ファイルサーバなどに保管されているわけではない。ブロックチェーンに記録された取引がすべてだ。

ブロックチェーンとは、世界規模の帳簿のようなもので、

大規模なP2Pネットワーク(サーバーを介さず、個々の参加者が対等な立場で直接やりとりするネットワーク)に支えられている。

このネットワークの参加者たちが、取引の正しさを検証し、承認する。

 

ブロックチェーンの主な特徴

・分散されている

中心となるデータベースがないので、乗っ取りができない。

世界中のあらゆるコンピューターで動いているので、一台だけ乗っ取りをしても、意味がない。

・パブリックであること

ネットワーク上においてあるので、いつでも誰でも自由に見られるし、

データの正しさを検証できる。

何処かの機関が大事に管理しているわけではない。

・高度なセキュリティが備わっている。

公開鍵と秘密鍵を用いた暗号技術で、自分の資産を守ることができる。

ビットコインブロックチェーンでは、取引データが個人情報と結びつかないので、

大事な情報が流出する心配はない。

 

ブロックチェーンできること

どんな取引でも記録ができる。

例えば、個人の出生や結婚、不動産の権利、出身校、金融口座、入院・通院、保険金請求、選挙の投票、食品の生産地などだ。

 

なぜこのような記録が欠かせないのか、、、

それは、私たちの生活には、クレジット(信頼)が欠かせないからです。

 

お金の例を挙げると、現在、お金は、その国の政府がそのお金のクレジットを保証してくれいます。中央集権的なシステムなんですね。

 

それと、対をなそうとしているのが、ブロックチェーンがもたらす分散型のクレジットシステムです。

 

全体像が、見えてきたでしょうか?

 

ブロックチェーンによって、政府という第三者を介さないクレジットシステムを作ろうとしているのです。信頼を保証するのは、お互いです。

 

これが、本当に実現できたら、お金という概念、定義も大きく変わってきてしまうのでしょう。(現在でも、ビットコインを含む、仮想通貨取引は行われていますが、、まだまだ一部のみ。これが、世界の主流の取引システムになったら、、、、)

 

最近では、フィンテックという流行ワードが出てきていますが(もう古い?)、

金融のあり方も大きく変わろうとしています。(銀行再編、ネット銀行の台頭)

従来のあり方は、ITによって転換期を迎えています。

 

暗号化技術は、さらなる飛躍を遂げています。

イムリーな話だと、米PayPalは、暗号通貨技術投資をし始め、中国アリババも仮想通貨に注力しています。

企業だけでなく、各国政府も、デジタル通貨の活用を念頭に、新たなインフラ政策を打ち出そうとしています。

 

今回は、ここで、区切ります。ほんのさわりですが、、

ご興味ある方、今回の著作含む、ブロックチェーン関連書籍を漁ってみては、いかがでしょう?

 

 今日は、こんなとこで。 

 

 

 

気になった方は、こちらも参考にどうぞ!

 

coinpost.jp

ストーリーとしての競争戦略 デファクトスタンダードについて

こんにちは、Jikosです。

しばらくぶりになってしまいました。

 

今回は、一橋ビジネススクール教授 楠木健 氏著の「ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件」を読んだ内容について、取り上げます。

 

教授の著書ということもあって、お堅い本なのかと思いましたが、まえがきの部分から結構くだけた感じでした。(笑)かといって、内容が薄いというわけでもなく、比較的読みやすかったです。

 

本著の大部分は、企業の競争戦略にのっとった成功事例がいくつも取り上げられています。特筆すべきは、その競争戦略のストーリーの重要性が挙げられています。

 

競争戦略の成功例で、ここでは、「マブチモーター」をひとつ取り上げたいと思います。「マブチモーター」は、正直、私も、この本を読むまで、知りませんでした(笑)

 

この会社、会社名から分かるように、モーター製造を事業としている会社です。

歴史のある会社で、数ある競合他社とは、異なった戦略をとっていました。

それは、自社製造製品の標準化です。

 

従来、モーターは電機製品の部品のひとつであるため、メーカー側の製品に合わせたモーターを製造していました。ただ、数ある製品ごとにモーターの仕様を変えて、製造するのには、多大なコストがかかっていました。

 

そこで、マブチモーターは、自社製品の標準化⇒大量生産の実現⇒コスト優位⇒持続的な利益の創出に結びつけました。

今までとは、反対の戦略で、電機メーカー側が、自分らのモーターに合わせろよということで、製造ラインの統一化、コストの削減に結びつけ、メーカー側にも他社製品よりも低価格で提供ができるようになったのです。

 

これが、”デファクトスタンダード”=事実上の標準化です!

昨今にみられる、MicrosoftAmazonしかり、法律では決めていないけど、自分たちが、スタンダードだということにしちゃうということですね。

 

本著には、こういった競争戦略にのっとった事例が、他にも取り上げられております。

イデアの力とは、計り知れません。

 

今日は、そんなとこで。

 

 

経営者にならなくても経営者になるためのノートを読んでみた

こんにちは、Jikosです。

 

今回は、あの株式会社ファーストリテイリングのCEO柳井正が実際に会社内教材でも使用されていると言われる「経営者になるためのノート」について読んだことをまとめます。

(あのUNIQLOです!)

 

「ノート」っていうくらいなんで、なんとこの本は、書き込めるようにノート枠が作られているのですね。実際にメモりながら、読んでみてもいいのでしょうが、私はやりませんでした、

すみません。

 

内容につきましては、社内教育向けにファーストリテイリングの従業員としてどうあるべきかについて、まとめられています。どちらかというとマネージメントの立場にある人向けです。

併せて、柳生さんの経営哲学もこの本には、書かれています。

読んでみて、思ったのですが、以前に読んだジャック・マー氏の「アリババの経営哲学」にも似通っているように感じました。経営者における考えとしては、基本的に大切にしていることは同じなんだと思いました。

具体的に、「顧客を考えること」「常に革新的なこと、妥協しないこと」「人材を大切にすること、部下を信じること」といった内容が、自分の中では、しっくりした内容でした。

ジャック・マーと同じじゃんw と、

基本的なことだけど、実践できているかと問われれると私としても、閉口していましますが、改めて省みようと思いました。でも、やっぱ中々難しいのですよね。。。

柳生さんは、ビジネスには妥協しない性分なのが、みて取れます。それだけ顧客を一番に考えているのですが、ただ儲かればいいのではなく、顧客が求めているものは何かを追求するということは経営者としてビジネスマンとして必要な資質です。

あと部下を育成するという点でも、上長は部下を信頼し、まず任せることが大切だと言っています。失敗を含めて責任を取るのも上司の役目であり、一緒になって考えるのも上司の大切な役割であると。そうしないと人材は育たないし、その上司に誰もついてこなくなる。まさに、その通りだと思います。

 

また、こういった経営者マインドは、仕事をしていく中でも、役に立つことが多いので、ぜひお勧めしたいです。

 

最後に、成果を上げるために経営者に必要な四つの力についてまとめます。

「変革する力<イノベーター>」

「儲ける力<商売人>」

「チームを作る力<リーダー>」

「理想を追求する力<使命感に生きるもの>」

 

今日は、こんなとこで。

 

 

経営者になるためのノート ([テキスト])

経営者になるためのノート ([テキスト])

  • 作者:柳井 正
  • 発売日: 2015/08/24
  • メディア: 単行本
 

 

 

人間とはいったい何かという疑問について

こんにちは、Jikosです。

 

今回は、アルフレッド・アドラー著『人間の本性』についてです。

アドラー心理学などで有名ですね。そんな中でも、今回はこの本をチョイスしてみました。理由は、そこにあったからです、笑

 

内容としては、人格形成にいたるまでの要因について語られています。

心理学は、そんなに興味はなかったので、あまり読んでこなかったでのですが、感想としては、「そうなんだなー」くらいのものでした。軽くてすみません、

 

特筆的な、内容ですが、アドラー曰く 人格形成は、遺伝によるものでなく、環境による要因が大きいとのことです。後天的に、性格は形作られていくということですね。

環境要因としては、やっぱり育った環境、性差であったり、家庭環境、兄弟姉妹の有無、もしくは生まれてくる順番というもの関係しているそうです。絶対というわけでなく、単純な比較はできないと思われますが、あくまで、そのような性格になる傾向があるということです。

 

これを読んで、思ったことは、人間の性格というものは、外的な要因が大きいということにとても驚きました。パーソナリティというものは、その人個人のものであるのに、それを作り出すためのよういんは、周囲に影響されるなんて、、

幼少期に育った環境が、その子の将来の性格の根っこの部分になるんですね。

また、アドラーは、人間の性格は、子供時代から変わらないとも記しています。

それだけ、幼少期の環境、とりわけ教育にもつながっていくのだと思いますが、大切だということなんですね。

 

大人になった自分が言うのもなんですが、「もう手遅れじゃん」

今現在の自分の性格で、これからの人生を生き抜くしかないじゃん。やるしかないじゃん。

という、ポジティブシンキングに切り替えました。

 

今日は、そんなとこで。

 

 

 

人間の本性: 人間とはいったい何か

人間の本性: 人間とはいったい何か

 

 

 

<幸福とは何か?~哲学者たちが考えていたこと~>

こんにちは。Jikosです。

 

しばらくぶりです。

今日は、著作『幸福とは何か ソクラテスからアラン、ラッセルまで』を読んだことについて考えます。長谷川 宏氏が書かれたタイトル通り、「幸せとは」についての問いを古代~現代の哲学者たちの思想を引用して、展開しています。

 

このブログのテーマとも密接に関わっていることなので、よく読んでみました。が、難解でした。(笑)個人的な感想です。

 

現代人もさることながら、古代から人間にとっての最大級の問いですね。幸福とは一体何なんでしょうか?

 

哲学者たちの「幸福とは何か」に対しての見解をピックアップしてみましょう。

 

「幸福は、最高善」アリストテレス

行動の目的となる善には、さまざまな種類があり、善の程度には、大小・高低のちがいがある。中で、最も高い、最も優れた善を「最高善」と名付け、その特質を「完結した目的」「自足した目的」「最も望ましい目的」といったふうに定義する。

最高善とは、人間のめざすべき最高の目的であり、それを目指すことが人間にとってこの上ない生きがいとなる。これが、「幸福」である。

 

⇒すごい真面目ですね。完璧主義とでもいうのでしょうか?THE哲人の思想といえるでしょう。

 

「最大多数の最大幸福」ジェレミーベンサム

自然は人類を苦痛と快楽という、二人の主権者のもとにおいてきた。われわれが、何をやらねばならぬか指示し、なにをするであろうか決定するのは、ただ苦痛と快楽だけである。苦痛と快楽とは、われわれが行うすべてのこと、われわれのいうすべてのこと、われわれが考えるすべてのことについて、われわれを支配しているのであって、このような従属を払いのけるためにどんなに努力しようとも、その努力はこのような従属を証明し、確認するのに役立つであろう。功利性の原理はそのような従属を承認し、そのような従属を功利性の思想体系の基礎と考えるのであって、その思想体系の目的は、理性と法律の手を借りて、幸福の構造を生み出すことである。

 

⇒ええと、わけわかんないですが笑 解説によると、ベンサムは、「苦痛」と「快楽」という「経験」こそが、幸福を生み出すものだと言っているそうです。

人間が社会の中で他人とともに行動し、快苦、憎悪、幸不幸のあらゆる場面で他人と交わることこそが人間の本来の姿である。と言っています。他人と共感することともとれますね。

 

「常識の立場」ラッセ

わたしの目的は、文明国の大多数の人が苦しんでいる、日々の、ありふれた不幸にたいする一つの治療法を提示することにある。その不幸は明確な外的原因をもたないために、逃れがたいものに思え、それゆえにいっそう耐え難いものとなっている。わたしの信じるところ、この不幸はその大半がまちがった世界観、まちがった倫理、まちがった生活習慣によるもので、それが昂じると、人間であれ動物であれ、すべての幸福の大本となる、さまざまなものごとにたいする自然な熱意や欲求が破壊されるのである。こうした事柄は個人の力でどうにかなることであって、だからわたしの提案しようとする変化は、個人が人並みの幸運にめぐまれれば自分の幸福を達成できるような、そんな変化である。

 

⇒言いたいことは、気の持ちようだとうことですね。本人が不幸と思うかどうか、その不幸が深刻かどうかは、見方を変えれば、また不幸は、本人の気の持ちようで乗り越えられちゃうっていうことを言いたいのかなと。すごいポジティブシンキング!

 

加えてー

幸福の秘訣はこう定式化できる。あなたの興味をできるだけ広範囲なものとすること、そして、あなたの興味をそそるものごとや人物に対するあなたの反応を、敵対的なものではなく、できるだけ友好的なものとすること。

 

⇒これは、社会に生きる人間がばらばらな個に分断され、孤立が強いられ、興味が分断された現代において、興味を広範囲に広げること、ものごとや人物への興味をできるだけ友好的なものにすることが、病的な社会を苦しまずに生きるための処方だとしています。要は、いろんなことに興味をもって、交流しましょうといことですね。

 

長い文章になってしまいましたが、ここで紹介したのは、本著のほんの一部分です。

この本を読んで、「幸福」の答えとは違いますが、幸福とは何かを考える上でのヒントを得られたような気がします。それは、普段の生活にある何気ないものであるのかと。それ以外にも、幸せを感じることやモノは、個々人によって違うと思いますが、私の幸せは、読書ということにしておきましょう。笑

まだ人生は長いので、幸せとは何かを探りながら、日々を過ごしていきます!

とりあえず!

 

今日は、そんなとこで。

<過ぎたるは及ばざるがごとし “渋沢栄一”>

こんにちは。Jikosです。

 

今日は、著作『現代語訳 論語と算盤』を読んだことについて、まとめます。著者は、今度の一万円札に起用された渋沢栄一氏です。

どんな人なのかを簡単にまとめますと、「日本資本主義の父」と呼ばれるほど、日本経済に大きな影響を与えた実業家です。

 

元々、豪農の生まれで、尊王攘夷明治維新の時代に活躍した人物です。大久保利通西郷隆盛たちと一緒に日本政治にも参画していました。なので、元々は、政府の役人さんなのですね。大蔵省にいたそうです。しかし、明治政府の中心人物であった大久保利通渋沢栄一との仲は悪く、当時の上司であった井上馨の辞職を機に、辞職します。

その後、実業界へと進出し、第一国立銀行(現在の日本銀行)設立に続き、様々な日本の企業立ち上げに大きく貢献した人物です。(現在の王子製紙東京海上火災日本郵船東京電力東京ガス、帝国ホテル、サッポロビール、JRといった大企業の前身となる会社を設立。それ以外に数百もの企業設立に携わっています。)

 

というような、人物紹介をしましたが、渋沢栄一氏は、生涯を通して、儒教を学び、実業でもその教えを実践していたんですね。この本の中でも、儒教について広く学ばれるべきだと啓蒙しております。

 

そんな中で、この本の中で述べられている渋沢栄一氏の考えを少しピックアップします。渋沢氏は、「実業とは何か」という問に対し、人々に十分なものが行き渡り豊かになることを掲げています。その中でも、決して利己主義、過剰な利益追及はしてはならないと思っていました。この利益追求の暴走を止めるための仕組みが必要だということで、渋沢氏は、『論語』を勉強していました。

(『論語』は、中国の思想家である孔子の教えです。多分、学校で勉強しているアレです)

まあ、ざっくりになりますが、ここで述べられているのは、人間の誠実さ、素直さ、、すごい当たり前のことなのですが、それこそが、人間の欲望の暴走を止められるためのブレーキだと言いたいんですね。また、利益追求を真っ向から否定しているわけではなく、正攻法で利益をあげなさいよと、自分のためだけに利益を上げるんじゃなく、社会全体のためにもねっていうことが言いたいんじゃないかと解釈しました。(個人的にですが、、)

 

プチ情報ですが、人間的に立派だった渋沢栄一も、女性関係に至っては、だらしなかったそうです。奥さんの他にも、妾がたくさんいたんですね。財産相続問題は、さぞかし揉めたのだと思います。男って、、、、

 

実用的な本なので、気になった方は、ぜひ一読してはいかがでしょうか?

 

今日は、そんなとこで。

 

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)